日本質的心理学会第19回大会

シンポジウム

会員企画シンポジウムを募集します。 国内の研究者のみで企画するシンポジウム、もしくは海外の研究者を含む国際企画のシンポジウムを募集します。

発表資格

シンポジウムの筆頭企画責任者となるためには、次の1から4の条件を満たす必要があります。

  1. 大会参加、シンポジウム企画申込時点で、筆頭企画責任者が日本質的心理学会の会員であること(入会申請中を含む)。
  2. シンポジウム企画申込を2022年6月30日(木) 7月15日(金)までに完了していること。
  3. 抄録集原稿(2ページ)を2022年6月30日(木) 7月15日(金)までに入稿していること。
  4. 大会参加申込及び参加費の納入が2022年6月30日(木) 7月15日(金)までに完了していること。

また、以下の条件もご考慮ください。

  • シンポジウムの登壇(指定討論者を含む)は1人当たり2回までとさせていただきます。なお口頭発表もしくはポスター発表をされる場合は、シンポジウムの登壇は1人1回までとなります。
  • 応募者多数の場合、抄録内容に基づき一次審査をさせていただく可能性がございます。あらかじめご了承ください。またシンポジウム企画の日時指定はできかねます。
  • 研究倫理上の問題がないことを十分ご確認いただいた上で抄録を入稿してください。学術大会での発表内容として相応しくないと大会実行委員会が判断した場合、発表をお断りすることがあります。あらかじめご了承ください。

国際企画のシンポジウムでは、以下の条件もあわせてご考慮ください。

  • 英語で行う、もしくは通訳を入れてください。(費用については企画者負担)。
  • 抄録原稿は所定のフォーマットを使用し、日本語もしくは英語で作成してください。

申込期間

2022年6月1日(水)~2022年6月30日(木) 7月15日(金)
※延長しました

申込方法

日本語で、①筆頭企画責任者(会員)の氏名・所属、②発表題目、③登壇者の一覧(氏名・所属)、を入力してください。国際企画においても発表題目は日本語のものが必要です。詳細は申込フォームをご確認ください。
加えて、抄録(2ページ)、会員番号、所属、E-mailアドレスをご用意の上、6月30日(木) 7月15日(金)までに下記のシンポジウム申込フォームからお申し込みください。

シンポジウム申込フォーム

※シンポジウム申込は締め切りました。

筆頭企画責任者は、2022年6月30日(木) 7月15日(金)までに事前参加申込を行ってください。事前の参加申込が行われていない場合にはシンポジウムの申込がキャンセルされる場合があります。
抄録原稿を2022年6月30日(木) 7月15日(金)までにシンポジウムの申込と同時にアップロードしていただきます。
抄録作成に際しては、下記のリンクから抄録原稿のフォーマットをダウンロードし、フォーマットの指示にしたがって企画内容を記入のうえ、Wordファイルのままご提出ください。国際企画の抄録原稿は日本語もしくは英語でご作成ください。なお、大会準備委員会にて形式を整える場合はほとんどありませんのでご承知おきください。英文の校閲等もいたしません。
(原稿の分量は、A4サイズ(40行×45文字の1800文字を1枚)で2枚までです。フォント等の様式は、フォーマットの記載にしたがっていただきますようお願いをいたします。)

参加・発表申込における重要事項

事前に下記をお読みください。参加・発表申込をされた場合には、下記に同意したこととなりますので、かならずご確認の上、お申し込みください。

  • 大会の参加・発表においてトラブル等が生じた場合は、日本質的心理学会および大会実行委員会はその責任を負いません。特に、プレゼンテーションにおける著作権、肖像権、個人情報等の取扱いについては十分にご注意ください。
  • 大会参加・発表に際し、日本質的心理学会、および大会実行委員会は、コンピュータの操作等のトラブルについての対応は致しかねます。
  • 本大会が収集する個人情報は、大会運営のみに使用し、適切に管理され、大会終了時には適切に破棄されます。
ページの先頭へ